/

この記事は会員限定です

ドローン・民兵 非対称の戦い、米軍「規模の優位」に陰り

変貌する攻防 湾岸戦争30年(下)

[有料会員限定]

トルコ製の無人偵察機が地上の軍用車に照準を合わせると、横から通称「カミカゼ」のイスラエル製自爆型ドローンが突っ込んで標的を破壊するーー。

2020年9~11月のナゴルノカラバフ紛争で30年にわたる膠着を破り、アゼルバイジャンがアルメニアに一方的な勝利を収めた背景にはドローン戦術の大きな効果があった。

地上数百メートル以下の低空からの攻撃はアルメニア側の塹壕(ざんごう)やソ連時代の地対空ミサイルなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り951文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン