/

ドイツ新車販売、2020年は19%減 春の行動制限響く 

2020年は新型コロナウイルスの影響で年前半の販売が大きく落ち込んだ=AP

【フランクフルト=深尾幸生】ドイツ連邦自動車局(KBA)が8日発表した2020年通年の新車(乗用車)販売台数は19年と比べ19.1%減の291万7678台だった。マイナスは2年ぶり。新型コロナウイルス対策で、3月や4月にディーラーの営業が制限されたことが響いた。

全体の販売が振るわないなか、電気自動車(EV)は政府による購入補助金積み増しの効果もあり19万台と前年の約3倍に増えた。プラグインハイブリッド車(PHV)は20万台で4.4倍になった。

乗用車全体のブランド別の販売台数では、独フォルクスワーゲン(VW)が21.3%減で、シェア18%と首位を維持した。2位は独メルセデス・ベンツ(販売台数10.6%減)、3位は独BMW(13.7%減)だった。日本ブランドではトヨタ自動車が8.7%減でシェアは2.6%。三菱自動車(販売台数13.7%減)、マツダ(38.1%減)と続いた。KBAがブランド別販売台数を公表している34ブランドでは米テスラ(55.9%増)だけが19年比プラスだった。

ドイツ自動車工業会(VDA)のヒルデガルト・ミュラー会長は声明で「2021年は回復を予想するが、新型コロナの前の水準は当分達成されない」と述べた。VDAが同日発表した20年の国内乗用車生産台数は19年比25%減の350万8500台と過去45年間で最低だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン