/

この記事は会員限定です

欧州に亀裂、ほくそ笑む強権国家 ロシア・中国の思惑

亀裂の欧州(4)

[有料会員限定]

波立つ冬のバルト海。英国の欧州連合(EU)離脱に伴う自由貿易協定(FTA)交渉が決裂の危機にあった2020年12月上旬、ドイツ北東部の近海に全長約170メートルの大型作業船が姿を現した。11日には先端部に備えた白い巨大なクレーンを水中に伸ばし、1年ぶりにガスパイプラインの敷設作業を再開した。

「ノルドストリーム2」と呼ばれる新たなパイプラインはロシアとドイツを結び、欧州市場向けにロシア産天然ガスを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り749文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン