/

この記事は会員限定です

トルコ学生デモ激化 試される強権大統領の「民主改革」

[有料会員限定]

【イスタンブール=木寺もも子】トルコの最大都市イスタンブールの名門大学で、エルドアン大統領による一方的な学長任命をきっかけに学生の抗議運動が続いている。学問の自由や大学の自治を脅かすとして反発する学生たちに対して、治安当局は警察をキャンパスに送り込み、約600人を一時拘束した。エルドアン氏は低迷する経済への不満を意識し「民主主義の強化」を掲げるが、デモへの強権的な対応は自らの言行不一致を露呈した格...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1399文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン