/

この記事は会員限定です

ワクチン特許放棄交渉、平行線続く 先進国と途上国に溝

EU「技術革新を保護すべき」、インド「一時的な措置」

[有料会員限定]

【ウィーン=細川倫太郎】新型コロナウイルスワクチンの特許の一時放棄の交渉が平行線をたどっている。世界貿易機関(WTO)が8~9日に開催した会合では、先進国と途上国の意見の溝が改めて浮き彫りになった。ワクチンの供給拡大へ妥協点を見いだせなければ、パンデミック(世界的大流行)の収束は遠のく。

WTOは知的財産権と貿易に関連する会合を開催した。ワクチンの公平分配のための最適な手段を探るため、各国が本格交...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1012文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン