/

南アフリカ経済、21年は4.9%成長 電力不足が影

【イスタンブール=木寺もも子】南アフリカ政府統計局は8日、2021年通期の国内総生産(GDP)が前年比4.9%増だったと発表した。7月の大規模暴動や新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染拡大に見舞われた中、一定の回復をみせた。ただ、慢性的な電力不足やウクライナ危機の影響で、成長率の伸びは鈍化する恐れもある。

通年で鉱業が11.8%増、製造業6.6%増、商業6%増などだった。21年のGDPは世銀などの推計を上回ったものの、20年は6.4%減に落ち込んでおり、コロナ前の水準には回復していない。10~12月期成長率は前期比1.2%だった。

世銀は1月発表の予想で22年の南アの成長率を2.1%、23年を1.5%とした。南アではかねて電力供給に不安があり、経済低迷の一因になっている。ウクライナ危機は金、プラチナ価格の上昇が追い風になる半面、エネルギーや食料価格の高騰が貧困層にとっての重荷になるとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン