/

この記事は会員限定です

英後任首相レース、候補乱立 対EU強硬路線継続が争点

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【ロンドン=中島裕介】辞任を表明したジョンソン英首相の後任を決める与党・保守党の党首選は候補者が乱立し、本命不在の混戦が必至の情勢だ。10日昼の時点で、9人が名乗りをあげた。主要な候補はロシアへの厳しい姿勢を継続する方針とみられ、2020年1月末に離脱した欧州連合(EU)への強硬姿勢を続けるかが党首選の争点となりそうだ。

与党・保守党は11日にも党首選の日程を発表する。英メディアは9月に新首相が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1192文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません