/

英王室、「子どもの肌の色を懸念」 メーガン妃が米TVで告白

(更新)
CBSの番組オプラ・ウィンフリー・ショーに出演するヘンリー王子とメーガン妃=ロイター

【ロンドン=佐竹実】英王室の公務を引退したヘンリー王子とメーガン妃は7日に放映された米CBSテレビの番組に出演した。メーガン妃は、息子のアーチーちゃん(1)を妊娠中に王室内で「生まれたら肌の色がどれだけ濃いかという懸念や会話があった」と明かした。孤独を感じて助けを求めたが拒否され、「これ以上生きていたくなかった」とも述べた。

夫妻は2018年に結婚した。当時、アフリカ系のルーツを持つ米国人のメーガン妃が王室に入ることに注目が集まった。メーガン妃によると、自由を失って孤独を感じ、王室関係者に相談したことがあった。だが、「何もできることはない」と突き放されたという。

ヘンリー王子は息子の肌の色への懸念について、交際当初から「やりとりがあった」と認めた。確執が指摘される兄ウィリアム王子との関係については「距離があるが、時間が解決してくれるだろう」と語った。夫妻とエリザベス女王との関係は良好だという。夫妻は2020年に王室の公務を引退し、米国に住んでいる。メーガン妃は第2子を妊娠中で、女の子であることも番組で明らかにした。

ヘンリー王子の母、故ダイアナ妃は1995年のBBCのインタビューで夫のチャールズ皇太子とカミラ夫人との不倫に触れ、自らの不倫も暴露して話題となった。その中で、精神的に不安定となって過食症になったことなども明らかにしていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン