/

EU、ファイザー製18億回分契約 新型コロナワクチン

欧州委はビオンテック、ファイザーと大規模なワクチン調達契約を結んだ=AP

【フランクフルト=深尾幸生】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は8日、欧州委員会が米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスのワクチンを18億回分契約したことを明らかにした。2023年までの3年間に供給を受ける。単純計算でEU市民が約4回接種できる量を確保した。

フォンデアライエン氏はツイッターで「ビオンテック、ファイザーと9億回分のワクチンと9億回分の追加の権利を保証する契約を欧州委が承認したことを喜んで発表する」と述べた。これまで両社との契約は6億回分だった。

調達するワクチンは、2回の接種を終えた人が効果を持続させるための追加接種や、変異ウイルスへの対処、子供や若い世代への接種などに備える。ワクチン接種が遅れている新興国への寄付にも使うとみられる。フォンデアライエン氏は「ほかのワクチンとほかの契約も続く」と述べた。

EUは米国や英国に比べてワクチンの接種が遅れていたが、ワクチンの供給体制が整ってきたことで、足元で接種ペースを加速している。英オックスフォード大の研究者らが運営する「アワー・ワールド・イン・データ」によると7日時点で27%の人が少なくとも1回の接種を受けた。

4月にはビオンテック、ファイザーと4~6月分の調達を25%増やして2億5千万回分とすることで合意。英アストラゼネカが計画通り供給できていないこともあり、ビオンテック、ファイザーのワクチンへの依存が高まっている。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン