/

この記事は会員限定です

ロシア、市場に背く「非開示」の代償

一目均衡 欧州総局 篠崎健太

[有料会員限定]

金融市場は森羅万象を織り込み、多くの投資判断の結果として価格が形成される。世の中を映す鏡だが、ロシア市場はその機能を半ば失っている。資本規制と資源輸出を支えに通貨ルーブルは堅調で、株式市場では外国投資家の参加を制限した、いびつな売買が続く。情報開示やアクセスを絞って市場機能を壊すロシアが負う代償は大きい。

ウクライナ侵攻開始からまもなく半年だ。この間、ロシアでは多くの主要上場企業が決算発表をやめ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り992文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン