/

この記事は会員限定です

コロナワクチン廃棄を防げ 欧米で相次ぎウェブサイト

[有料会員限定]

【パリ=白石透冴】保存期限切れで新型コロナウイルスのワクチンが廃棄されるのを防ごうと、欧米で官民のウェブサイトが相次ぎ立ち上がっている。各サイトはワクチンが余った際に、登録者に通知を送るなどの仕組みを取り入れている。効率的な接種につながると期待されている。

フランスでは1日、有志のプログラマーや医師が中心となり、サイト「コビッドリスト」を公開した。同サイトは医療関連機関と協力し、個人が氏名や住所を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り668文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン