/

WHO、ワクチン接種義務は「最後の手段」

(更新)

【パリ=白石透冴】世界保健機関(WHO)のクルーガ欧州地域事務局長は7日、新型コロナウイルスのワクチン接種義務化について「ほかの方法がなくなった時の、最後の手段とすべきだ」と語った。義務付けが混乱につながる国が出るとみて、慎重な対応を呼びかけた。

クルーガ氏は記者会見で「義務化するなら、例外規定も含めた全体の計画を立て、しっかりと国民との意思疎通を図らなければいけない」などと説明した。接種義務を巡っては、医学的な理由で接種できない人への対応、罰則規定の是非など数多くの検討項目がある。

欧州連合(EU)では、オーストリアが2022年2月から接種を義務付ける考えを明らかにしている。EUのフォンデアライエン欧州委員長も1日、義務化に向けて議論を始めると表明した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン