/

この記事は会員限定です

英国の完全離脱、「孤立リスクない」 元英内閣府担当相

[有料会員限定]

【ロンドン=中島裕介】英国のメイ前政権でナンバー2にあたる内閣府担当相を務めたリディントン氏は日本経済新聞のインタビューに応じ、欧州連合(EU)離脱後も英国が国際社会で「孤立するリスクはない」と主張した。

北大西洋条約機構(NATO)への貢献やアジア太平洋地域への関与など、安全保障面を通じて影響力を保てるとの見解を示した。

リディントン氏は2018年1月からメイ政権退陣まで官房長官役を務めた保守党...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1039文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン