/

この記事は会員限定です

メルケル氏、自身の対ロシア融和政策言及せず

(更新) [有料会員限定]

【ベルリン=南毅郎】ドイツのメルケル前首相は7日のインタビューで「ウクライナでの国際法の無視は正当化できない」とロシアを強く非難した。メルケル氏が公の場でインタビューに応じたのは2021年12月の政界引退以来で初めて。「大きな悲劇を防げたはずだと何度も自問している」と胸中を明かした一方で、対ロ融和を進めた自身の外交政策については明確な言及を避けた。

独フェニックスなどがテレビ放送で伝えた。メルケ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り558文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン