/

フィンランドも接種中断 モデルナ製ワクチン、若年層で

【ロンドン=佐竹実】フィンランドは7日、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、若年層の男性への接種を中断することを決めた。接種後にまれに心筋炎などが発生する恐れがあるためで、スウェーデン、デンマークも同様に若年層への接種を止めている。

ロイター通信によると、フィンランドは1991年以降に生まれた男性については米製薬大手ファイザーと独ビオンテックのワクチンを代用する。スウェーデンは30歳以下、デンマークは18歳未満へのモデルナ製ワクチンの接種を見合わせている。ノルウェーは未成年者にはファイザー製のみを接種している。

北欧4カ国は、30歳未満の男性がモデルナワクチンを接種した場合に心筋炎のリスクが他のワクチンに比べてわずかに高いとする報告書を近く公表するという。

モデルナの広報担当者は「新型コロナに感染した人が心筋炎になるリスクの方がずっと高い。これを防ぐ最善の方法はワクチン接種だ」と反論している。

ブルームバーグ通信によると、モデルナのワクチンの有効成分はファイザーのワクチンの3倍強だ。英国は、50歳以上や医療従事者らへの3回目の接種について、米ファイザーのワクチンを使う。ファイザー製がない場合は、半分の量のモデルナ製を接種するとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン