/

この記事は会員限定です

スコットランド、くすぶる「英からの独立」

亀裂の欧州(2)

(更新) [有料会員限定]

「残念だが、今は国に残ることが重要だ」。5日午前の英首相官邸。首相のボリス・ジョンソンは電話相手のインド首相、ナレンドラ・モディに月内訪印のキャンセルを告げた。

曲折を経て欧州連合(EU)との自由貿易協定(FTA)で合意したとはいえ、EUとの経済関係は以前より遠ざかる。モディとの会談はその穴を補うべく、インドとのFTA交渉に向けた地ならしを図るEU完全離脱後の最初のイベントだった。

だが新型コロナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り747文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン