/

EU、モデルナ製ワクチンを承認 近く接種へ

EUはモデルナの新型コロナウイルスワクチンを承認した=ロイター

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)の欧州委員会は6日、米バイオ製薬モデルナが開発した新型コロナウイルスワクチンを条件付きで承認した。EUで医薬品を審査する欧州医薬品庁(EMA)の勧告を受けた措置で、来週にも接種が始まる見通しだ。

EUの新型コロナワクチンの承認は、2020年12月の米製薬大手ファイザーと独ビオンテックが共同開発したワクチンに続き2例目。フォンデアライエン欧州委員長は声明で「すべての欧州の人々を守るのに十分なワクチンがある」と述べた。EUはモデルナと1億6000万回分を契約している。欧州委は「すでに最大20億回分のワクチンを確保している」と説明している。

このワクチンはファイザーなどのワクチンと同様に「メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン」と呼ばれる新しいタイプで、予防効果はともに9割を超えてほぼ同水準となる。モデルナ製は18歳以上が対象で、28日の間隔を空けて2回接種する。

今回はコロナ禍という危機下であることを考慮した条件付きの承認だ。データの蓄積が十分でないことから、製薬会社は定期的に効果やリスクを示したデータを提出する必要がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン