/

気候変動対策で途上国支援 G7サミットで議論へ

(更新)
ジョンソン英首相は気候変動をG7サミットの主要議題に据える(写真は3日)=ロイター

【ベルリン=石川潤】英国のジョンソン首相は6日、6月に英南西部のコーンウォールで開く主要7カ国首脳会議(G7サミット)で、気候変動対策を主要議題に据える考えを示した。気候対応を進めるための途上国への金融支援の拡大などを話し合う。メルケル独首相もジョンソン氏の考えを「明確に支持する」と語った。

ジョンソン首相は6日開幕したペータースベルク気候対話でのスピーチで明らかにした。同対話は11月に英グラスゴーで開く第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)の準備会合で、独英が共同議長を務める。

ジョンソン首相は6月のG7サミットが、各国が2050年までの温暖化ガス排出実質ゼロを約束してから初めての会合になると指摘。実質ゼロへの移行の支援、「緑の産業革命」の始動、気候変動に耐えられる経済の構築などで、G7各国の合意を目指していくという。

特に強調したのが、途上国への金融支援だ。先進国は途上国に対して2020年までに年間1000億ドル(約11兆円)の支援を実現すると約束している。ジョンソン首相は「懸案の目標を達成し、さらに先に進むべきだ」と語った。

メルケル首相は11月のCOP26では2025年以降の途上国支援の目標を議論しなければならないと述べた。ジョンソン首相と5日に話し合い、11月会合の成功に向けて「協力してあらゆることをしていく」ことで一致したという。先進国が途上国支援などで一枚岩になれるのか、6月のG7サミットが試金石になる見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン