/

この記事は会員限定です

欧州統合を後押し 「ユーロの父」マンデル氏死去

欧州総局編集委員 赤川省吾

[有料会員限定]

1999年にノーベル経済学賞を受賞した経済学者ロバート・マンデル氏が4日、88歳で死去した。米メディアなどが一斉に報じた。欧州における通貨統合の理論的支柱となり、「ユーロの父」と呼ばれた。欧州統合を強力に後押しし、通貨ユーロを温かい目で見守り続けた国際経済学の権威だった。

ユーロ実現に大きな影響を与えたのは61年の論文「最適通貨圏の理論」だ。共通通貨の成功には労働力の自由な移動などが必要になると提...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り429文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン