/

ヘンリー王子第2子誕生、「リリベット」女王の愛称継ぐ

ヘンリー王子(右)とメーガン妃(中)の第2子の名前は、祖母であるエリザベス女王(左)から取った(2018年7月)=AP

【ロンドン=佐竹実】英国のヘンリー王子とメーガン妃は6日、第2子の女の子が生まれたと発表した。名前はリリベット・ダイアナ・マウントバッテン・ウィンザー。リリベットはヘンリー王子の祖母であるエリザベス女王(95)の愛称で、ミドルネームは王子の母である故ダイアナ妃から取った。母子共に健康という。

リリベットちゃんは4日にヘンリー王子夫妻が暮らす米カリフォルニアの病院で生まれた。夫妻は「リリーは私たちが想像していた以上の存在で、世界中から寄せられた愛と祈りに感謝する」とコメントした。

リリベットはエリザベス女王の幼い頃からの愛称で、4月に99歳で死去した夫のフィリップ殿下も女王のことをリリベットと呼んでいた。ヘンリー王子の母である故ダイアナ妃は1997年にパリで事故死している。

英BBCによると、リリベットちゃんは女王の11人目のひ孫で、王位継承権はヘンリー王子の長男アーチーちゃん(2)に次ぐ8位となる。

ヘンリー王子とメーガン妃は2018年に結婚した。アフリカ系のルーツを持つ米国人のメーガン妃が王室に入ったことで注目が集まった。夫妻は20年に王室の公務から退くことを宣言し、王室も認めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン