/

英、新型コロナワクチンの接種スタート 米欧で初

(更新)

【ロンドン=佐竹実】英国で8日、新型コロナウイルスのワクチンの大規模な接種が始まった。米ファイザーなどが開発したワクチンで、欧米では初の接種となる。高齢者などリスクの高い人が免疫を付けることで、感染や重症化を予防する。世界の死者のほとんどは高齢者で、ワクチンの効果が確認されればパンデミック(世界的感染拡大)が収束に向かうとの期待がある。

ジョンソン英首相は8日、ワクチン接種が始まったのを受けて、ツイッター上で「一緒にやっつけよう」と投稿し、国民に新型コロナ克服に向けて接種への協力を呼びかけた。

米ファイザーと独ビオンテックが開発するワクチンはセ氏マイナス70度前後に保つ必要がある=AP

米国でもファイザーのワクチンについて近く当局が承認し、接種が始まる見通しだ。英国は新型コロナの感染による累計死者数が6万人超と欧州最多で、同ワクチン接種に向けて承認を急いだ。英国の承認が早かったことについて米国や欧州連合(EU)から批判も出たが、英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)は「安全を最優先しており、(承認に向けた)全ての手続きを終えている」と主張した。

今回接種が始まったのはファイザーと独ビオンテックが開発したワクチンで、臨床試験(治験)段階で95%の予防効果を確認した。英政府は4千万回分(約2千万人分)を確保している。ファイザーのベルギー工場で生産しており、年内に数百万回分が到着する見通しだ。

接種を受けた人には2回目の接種日などを記載した登録カードが配られる=AP

ファイザーのワクチンは輸送時にセ氏マイナス70度前後の超低温に保ち、解凍後は5日以内に接種する必要がある。英国では各地の病院や新設するワクチン接種センターなどに集約され、介護施設に入居する高齢者や医療関係者などに優先的に接種する。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン