/

ステランティス、クライスラーを全車EVに 28年から

【フランクフルト=深尾幸生】欧州ステランティスは5日、北米を中心に展開する「クライスラー」ブランドで2028年以降、全車種を電気自動車(EV)にすると発表した。米アマゾン・ドット・コムとの協業も発表、EVシフトとデジタル化を加速する。

米ラスベガスで開催中の世界最大のテクノロジー見本市「CES」で、EVのコンセプト車「エアフロー・コンセプト」を発表した。25年にクライスラーブランドとして初のEVを投入し、順次ガソリン車をEVに切り替えていく。

エアフロー・コンセプトは満充電で約560~640キロメートルを走行でき、急速充電に対応する。台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と共同開発している車載情報システム「スマートコックピット」も採用。特定の環境で自律走行ができる「レベル3」の自動運転機能も搭載する。

ステランティスは21年7月、30年までに米国の新車販売に占めるEVとプラグインハイブリッド車(PHV)の比率を4割以上に引き上げる計画を発表していた。このうち8割以上がEVとなる。

北米でピックアップトラックなどを販売する「ラム」ブランドでは、23年にアマゾンに大型商用バンのEVを供給することで合意した。毎年数千台規模を納入する。

アマゾンとはスマートコックピット用のソフトウエアも共同開発する。同社の人工知能(AI)「アレクサ」を使って自宅の対応機器から車両を管理したり、車両に乗る前に車内の冷暖房をつけたりできるようにする。

ステランティスのカルロス・タバレス最高経営責任者(CEO)はCESの記者会見で「ステランティスは『自動車テック』の会社になる。アマゾンや鴻海との提携はこの戦略を進めるための推進力となる」と述べた。

CES2022特集ページはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン