/

この記事は会員限定です

ポーランド、亡命選手受け入れ 対EU外交に利用も

[有料会員限定]

【ウィーン=細川倫太郎】東欧ポーランドが東京五輪に出場したベラルーシ代表の陸上女子選手の亡命を受け入れた。迅速な決断の背景には、対立するロシアを後ろ盾とするベラルーシをけん制するとともに、人権問題を巡る欧州連合(EU)内からの批判をかわす思惑がありそうだ。

首都ワルシャワで5日記者会見したツィマノウスカヤ選手は「ここに来られて、安全でいられてうれしい。ポーランドの援助にとても感謝している」と語っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り680文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン