/

この記事は会員限定です

五輪、無観客も容認 IOC最古参委員インタビュー

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【ウィーン=細川倫太郎】国際オリンピック委員会(IOC)の最古参の委員、ディック・パウンド氏がオンライン形式で日本経済新聞の単独インタビューに応じた。東京五輪・パラリンピックの観客が制限されるのはほぼ確実との見解を示した。国内在住者に限定するのには否定的で、対策を講じれば海外客も受け入れられるとした。

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、パウンド氏は「競技会場が満員になることはまずない。リスク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1133文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン