/

この記事は会員限定です

男女間の賃金格差是正へ新法 EU、透明性向上狙う

大企業に情報開示義務付け 罰金も

[有料会員限定]

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)は男女間の賃金格差解消に向けて、新法をつくる方針だ。250人以上の従業員を抱える企業に男女間の賃金格差の情報を開示するよう義務付け、違反企業には罰金を科す構えだ。EUはこれまでも格差是正に取り組んできたが、企業に透明性の向上を求めることでさらなる改善につなげる。

「わたしは5人の娘に『男性の仕事』『女性の仕事』といったものはないと言い聞かせてきた」。8日の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1066文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン