/

この記事は会員限定です

避難民の就学受け入れ急務 ポーランドで最大70万人

(更新) [有料会員限定]

【ワルシャワ=久門武史】ポーランドの学校が、ロシア軍の侵攻でウクライナから逃れてきた子どもの受け入れを急いでいる。ポーランド政府は最大70万人に教育機会を提供する必要があると想定する。大阪府の小中学生の合計(約65万人)を上回る規模の就学が急な課題になっている。

ワルシャワ市中心部の第221小学校は、ロシアが2月にウクライナに侵攻後、同国から65人の児童を受け入れた。既に全校児童の1割を超えた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

2022年2月、ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン