/

この記事は会員限定です

ドイツ、ワクチン普及でも感染拡大 追加接種を加速へ

(更新) [有料会員限定]

【ベルリン=石川潤】ドイツのシュパーン保健相は5日に記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、ワクチンの接種完了から6カ月以上経過した人を対象に追加接種を急ぐ考えを示した。ドイツでは全体の7割近くがワクチン接種を完了しているが、1日あたりの新規感染者数は過去最多の水準に急上昇している。医療システムへの負担も高まっていた。

5日に連邦政府と各州の保健相が会合を開き、対策の強化で一致した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り824文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン