/

この記事は会員限定です

去り際の説明責任

一目均衡 欧州総局 篠崎健太

[有料会員限定]

株主が経営のかじ取りを託した幹部の交代は、企業の行く末を左右する。その重要事項を株主が突然知ることが増えている。企業は新たな担い手についての手腕などをアピールするが、そもそも交代に至った理由について株主への説明責任は果たされているのだろうか。

1月17日の欧州時間未明、スイス金融大手クレディ・スイス・グループから会長交代の発表文がメディアや投資家に送られた。元UBSグループ幹部のアクセル・レーマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り980文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン