/

イスラエル、ラピド元財務相に組閣指示 首相断念で

ラピド氏は左右両派の糾合で連立政権樹立を目指す(3月、テルアビブ)=AP

【カイロ=久門武史】イスラエルのリブリン大統領は5日、3月の総選挙で第2党になった中道「イェシュアティド」のラピド元財務相に組閣を指示した。最初に指示したネタニヤフ首相が4日の期限までの組閣を断念したのを受けた措置だが、ラピド氏も連立交渉をまとめられるかは不透明だ。

ラピド氏はネタニヤフ氏抜きの連立政権樹立へ、ベネット元国防相の右派「イエミナ」の取り込みを目指す。首相ポストの輪番制を提案し、まずベネット氏が首相に就くよう持ちかけたと報じられた。

組閣の期間は4週間で、失敗すれば2019年4月以降で5回目の総選挙になる可能性もある。

2年で4度目となった3月の総選挙では、ネタニヤフ氏の与党右派リクードが第1党になったが、首相支持派と反対派のいずれも過半数に届かなかった。イスラエルの総選挙は比例代表制で、これまで単独過半数を得た政党はない。首相は選挙後の連立協議で決まるが、難航することが多い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン