/

この記事は会員限定です

イラン核合意、再建へ協議再開 制裁解除巡りなお隔たり

(更新) [有料会員限定]

【ドバイ=岐部秀光、ウィーン=細川倫太郎】イラン核合意の当事国と米国はウィーンで7日、合意再建に向けた協議を再開した。各国の交渉担当者は楽観的な見通しを示すが、イランに対する制裁解除の対象を巡ってはなお隔たりがあり、交渉がまとまるかは予断を許さない。

ロシアの国際機関代表部のウリヤノフ常駐代表は同日の協議の終了後、ツイッターで「核合意の完全復活に向け新たな協議を始めた。参加者は、交渉の加速が必要と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り788文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン