/

英シェル、ロシア損失5500億円 1~3月の純利益26%増

【ロンドン=篠崎健太】英石油大手シェルは5日発表の2022年1~3月期決算で、ロシアからの事業撤退に伴う費用として42億3500万ドル(約5500億円)を計上した。極東の石油ガス開発事業「サハリン2」を中心に減損損失や引当金がかさんだ。もっとも資源価格の上昇を追い風に本業は好調で、純利益は71億1600万ドルと前年同期比で26%増えた。

シェルはロシアのウクライナ侵攻を受けて2月、ロシア国営ガスプロムとの合弁事業の終了を決めた。3月には資源調達や現地での小売りを含めてロシア関連の事業を全面的に手じまう方針も表明した。

1~3月期はサハリン2関連で16億ドルの減損損失を出した。参画していたロシアとドイツを結ぶ天然ガスパイプライン「ノルドストリーム2」向けの融資で、11億ドルの貸倒引当金を計上した。ガスプロムと合弁展開していたシベリアと北極圏の資源開発でも事業資産の減損を実施した。

シェルはロシアからのスポット(随時契約)での資源調達を3月に中止した。長期契約は更新せず、原油について22年末までに大半が終了するとの見通しを明らかにした。天然ガスについては各国政府と調整しながら調達削減を進める方針だが、具体的なメドは立っていない。

原油や天然ガスなど資源の値上がりで収益力は大きく高まった。売上高は842億400万ドルと51%増えた。探査や採掘などの上流部門では生産量が15%減ったが、売価の上昇で部門利益は3倍強に膨らんだ。在庫評価や減損の影響を除く調整後純利益は2.8倍の91億3000万ドルと、四半期ベースで過去最高になった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン