/

この記事は会員限定です

「民主化成功」チュニジア経済苦境 アラブの春10年

アラブの春 失われた10年(上)

(更新) [有料会員限定]

中東の独裁的な政治に人々が抗議の声を上げ、民主化を求めた「アラブの春」の始まりから10年となる。混乱をしのいだ強権指導者たちは権威主義的な支配を固め、経済は停滞する。原油安や新型コロナウイルス危機は次の暴発への懸念を深めている。

チュニジア中部シディブジド。市街地の建物壁面の肖像画は色あせていた。描かれているのは露天商だったムハンマド・ブアジジさん(当時26)。2010年12月17日、警官の嫌がら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1074文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン