/

英、入国前のコロナ検査を再導入 オミクロン型対策で

【ロンドン=佐竹実】英政府は4日、入国する人に対して新型コロナウイルスの陰性証明を求めると発表した。10月に水際対策を緩和して入国前の検査は不要としていたが、変異型の「オミクロン型」の流行を受けて再導入する。ジャビド保健相は規制について「一時的なものであり、なるべく早く廃止したい」と述べた。

新しいルールは7日午前4時から適用する。英国に入国する12歳以上の全ての人に、出国前48時間以内のPCR検査か簡易検査を求める。ワクチンの接種にかかわらず、入国時に陰性証明を提出することが必要になる。

英国では160件のオミクロン型の感染が確認された。ジャビド保健相は「最新のデータを踏まえ、オミクロン型の侵入を遅くするための手段を講じる」と述べた。英政府はコロナとの共生を掲げ、7月に規制を撤廃した。10月には水際対策を緩めていたが、オミクロン型への懸念から方針転換した。

確認されたばかりのオミクロン型については毒性などが詳しく分かっていないが、欧州連合(EU)では無症状や軽症が多いとの報告がある。世界保健機関(WHO)などは冷静な対応を呼びかけている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン