/

ボルボ・カー、スウェーデンで上場へ 3200億円調達

(更新)

【フランクフルト=深尾幸生】高級車大手のボルボ・カー(スウェーデン)は4日、新規株式公開(IPO)で250億クローナ(約3200億円)を調達すると発表した。上場取引所はナスダック・ストックホルムで、年内の株式取引開始を予定している。

ボルボ・カーは5月、年内に上場する方針を発表していた。新株発行に加え、既存株主は一部の株式を売却する。親会社の中国民営自動車大手、浙江吉利控股集団は筆頭株主として残る。

ボルボ・カーは2010年に浙江吉利控股集団が米フォード・モーターから買収。一定の経営の独立性を維持しながら吉利グループの資金で業績を伸ばしてきた。吉利の李書福董事長は4日の声明で「この10年でボルボは世界で最も成長している自動車メーカーの一つになった。これからも続くサクセスストーリーの中で、過半を握る株主として支援していく」と述べた。

ボルボは30年までに世界の全新車販売を電気自動車(EV)にする方針だ。IPOで調達した資金をEVや電池の開発・生産などに使う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン