/

サウジ、カタールとの国境閉鎖を解除

米が仲介、イラン包囲網強化の狙い

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
サウジのサルマン国王は米政権交代前に対カタール政策の転換を決断したとみられる=ロイター

【ドバイ=岐部秀光】サウジアラビアは同じアラブの隣国カタールと、2017年6月の断交とともに導入した陸、海、空路の閉鎖を解除した。クウェートのアハマド外相が4日、国営テレビで明らかにした。米トランプ政権による仲介の成果とみられ、イランに対する包囲網を強化する狙いがあるとみられる。

サウジは同国北西部で5日、湾岸アラブ国で構成する湾岸協力会議(GCC)首脳会議を主催する。カタールの代表も参加する見通しだ。

カタールを拠点とするアラビア語テレビ局アルジャズィーラによる報道の内容や、カタールのイスラム主義勢力への支援をめぐり対立してきたが、雪解けに向かう可能性がある。アラブ首長国連邦(UAE)やバーレーン、エジプトなど、サウジとともにカタールに断交を通告した他のアラブ諸国の対応が今後の焦点となる。

米国にとってはサウジもカタールも重要な同盟国で、対立するイランへの軍事的、経済的な包囲網を強めるうえで和解は欠かせない条件だった。米国は、サウジなどによるカタールへの締め付けが、かえって同国をイランに接近させたことに懸念を強めていたとみられる。

トランプ大統領の娘婿クシュナー大統領上級顧問が和解に向けた仲介を進めてきた。20年のイスラエルとUAE、バーレーンなどアラブ諸国の国交正常化に続く、トランプ政権末期の中東外交の成果となる。解除を明らかにしたクウェートは、米とともに和解の調整役を担ってきていた。

カタールは22年にサッカーワールドカップ(W杯)を開く予定もある。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン