/

この記事は会員限定です

金利上昇のれぬ欧州の銀行株 景気懸念、M&A減も重荷

欧州株ラウンドアップ

[有料会員限定]

欧州株式市場で大手銀行株が勢いを欠いている。世界的な金融引き締めで金利が大きく上がり、本来は資金利益の伸びに期待が高まっていい局面だ。だが足元では利ざや改善より急激なインフレが圧迫する景気への懸念が勝り、値動きが市場全体の指数を大きく下回る銘柄も目につく。銀行株の弱さは欧州経済の先行きに対する投資家の疑心暗鬼を映す。

欧州の主要銀行株の値動きを示す「ストックス欧州600銀行株指数」は、2022年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1072文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン