/

デンマークで銃撃 複数人死傷、テロの可能性も

【ブリュッセル=竹内康雄】デンマークの首都コペンハーゲンのショッピングモールで3日午後、銃撃事件があり、複数の人が死傷した。同国の警察は22歳のデンマーク人容疑者を拘束。テロ行為の可能性もあるとみて、動機などを調べている。

AFP通信によると、警察当局は記者会見で「テロの可能性も排除できないとみて捜査している」と明かした。死者が数人確認されているほか、負傷者も出ている。事件に関与したのは22歳の容疑者1人とみているという。

地元メディアはライフル銃のようなものを持つ容疑者の映像を報じている。ショッピングモールは日曜日でにぎわっており、銃撃を聞いて店内から出ようとする客で一時騒然となった。

6月下旬には北欧ノルウェーでも銃撃事件があった。首都オスロのナイトクラブで2人が死亡した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン