/

この記事は会員限定です

ビジョン・ファンド、元モサド長官採用 中東に期待

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

【ロンドン=佐竹実】ソフトバンクグループ(SBG)傘下の投資ファンド「ビジョン・ファンド」がイスラエルの諜報(ちょうほう)機関モサドの元トップをアドバイザーとして雇用し、グローバル展開の次の一手に注目が集まっている。投資先の中国企業の株価下落に直面し、有望なテック企業が豊富なイスラエルへの投資を増やす構えだ。これまでの主要な資金の出し手だった中東とのパイプをつなぐ思惑も透けて見える。

ビジョン・ファンドは7月、モサド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1780文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン