/

ドイツ南部で列車脱線事故 山間部、複数の死者も

【ベルリン=共同】ドイツ南部バイエルン州で3日、列車の脱線事故があり、地元警察によると少なくとも4人が死亡、15人が重傷を負った。ドイツメディアによると、60人が負傷したとの情報もある。3両が脱線したとみられるが、詳しい事故原因や乗客数などは分かっていない。

現場はミュンヘンから南に約80キロ離れた山間部。列車はミュンヘン方面に走行中だった。多くの子どもが乗っていた可能性があるという。

在ミュンヘン日本総領事館によると、日本人が巻きこまれたとの情報は入っていない。

現地からの映像によると、一部の車両が横倒しになり、駆け付けた多数の救助隊員らが、車両の窓から救出作業を進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン