/

VWもロシア事業停止 2工場での生産と輸出

【フランクフルト=深尾幸生】独フォルクスワーゲン(VW)は3日、ロシアでの事業を停止すると発表した。ロシアにある2つの工場での生産と、ロシア向けの輸出をグループ全体で止める。今後については状況をみて判断する。

生産を停止するのはカルーガ工場と、生産委託するニジニ・ノブゴロドの工場だ。カルーガでは21年に多目的スポーツ車(SUV)の「ティグアン」や小型車「ポロ」などを約12万台生産し、エンジンも生産している。ニジニ・ノブゴロドでは小型SUV「タオス」を生産する。

VWにとってロシア、中東欧は重要な市場だ。21年にはグループ全体で66万台を販売した。VWは声明で「ロシアによるウクライナ侵攻を鑑みた」としている。

ドイツの自動車大手ではメルセデス・ベンツグループが2日にロシアでの現地生産と同国への輸出を停止すると発表。BMWも現地生産と輸出を一時停止している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません