/

リトアニア、ロシア産ガス輸入を完全停止 EU初

【パリ=白石透冴】バルト3国の一つリトアニアのシモニテ首相は3日、ロシアからの天然ガス輸入を完全にやめるとツイッター上で明らかにした。欧州連合(EU)内でロシア産天然ガスの輸入をやめるのは同国が初めてだという。

シモニテ氏は「リトアニアは今後、ロシアのガスを1立方センチメートルたりとも消費しない」などと表明した。欧州メディアによると、4月1日から輸入をやめている。アヌサウスカス国防相によると2020年時点では天然ガスの6割をロシアに頼っていたが、他地域からの輸入のめどが立ったもようだ。ラトビアとエストニアも輸入をやめる方向で検討を進めている。

EUは19年、天然ガスの4割、原油の2割超などをロシアから輸入した。ウクライナ侵攻でロシア産エネルギーへの依存が問題となり、調達先を多様化しようとしている。ロシアが急に供給を絞る危険があるほか、エネルギー購入を通じてEUがロシア経済を下支えすることにつながるからだ。

欧州委員会は5月をめどに、27年までに依存を断つ提案を示す計画だ。ただドイツやハンガリー、イタリアは依存度が高く難航も予想される。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン