/

この記事は会員限定です

英中銀、「まず金利から」正常化 即効性重視で画す一線

[有料会員限定]

英イングランド銀行(中央銀行)は4日、今後、数カ月以内に利上げが必要になると予告した。新型コロナウイルス禍に対応した金融政策の正常化を探る他の主要中銀が国債の買い入れといった「量」の縮小から着手しているのと異なり、まず政策金利を引き上げる点で独特だ。背景には金利を動かした方が経済への即効性が高く、軌道修正も含めた柔軟性にも富むという考え方がある。

イングランド銀も金利と量の両面で金融緩和を図って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1014文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

中銀ウオッチ

「中銀ウオッチ」は、米連邦準備理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)、その他新興国の中央銀行の動きを分析し、政策の先行き、影響を掘り下げます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン