/

この記事は会員限定です

インフレとの闘い、世界規模 ECBも英国追随で利上げへ

物価動乱(下)

[有料会員限定]

世界的な金融引き締めの動きは欧州にも広がる。先行する英イングランド銀行(中央銀行)は5日、政策金利を1%とおよそ13年ぶりの水準に引き上げると決めた。欧州中央銀行(ECB)も量的緩和策の縮小に動き、早ければ7月の利上げが視野に入る。ロシアのウクライナ侵攻が長引くなか、資源高による想定外のインフレにどう対処すべきか。景気と物価の安定へ難しい判断を迫られる。

「低所得者ほど生活必需品の値上がりで最も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2675文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン