/

この記事は会員限定です

英国、アジア輸出拡大へTPPに活路 対EUは離脱で急減

[有料会員限定]

【ロンドン=中島裕介】英国がインド太平洋地域への輸出拡大を急いでいる。2日に環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉入りが決まったほか、5月下旬にはインドとの自由貿易協定(FTA)の本格検討に入った。足元では2020年末に完全離脱した欧州連合(EU)との輸出が急減しており、域外との新協定で補いたい考えだ。

「高水準の自由貿易のメリットを享受できるうえに、国境や法律の管理を放棄する必要がない」。トラス英...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン