/

ドラギECB前総裁、イタリア首相候補に 大統領と会談へ

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
ECBのドラギ前総裁が次期首相候補として急浮上してきた=ロイター

【ウィーン=細川倫太郎】イタリアのマッタレッラ大統領は3日、欧州中央銀行(ECB)のドラギ前総裁と会談する。コンテ前首相の再任を目指して進められていた各党の連立協議が失敗。大統領は新政権樹立へドラギ氏を首相候補に指名する可能性がある。

大統領は2日夜(日本時間3日未明)、「現在のコロナ禍の社会的・経済的状況では前倒し選挙の実施は不可能であり、新政権樹立のためにできるだけ早く新たな人物に組閣を要請する」との声明を発表した。大統領府の報道官は、大統領が3日にドラギ氏を呼んで会談することを明らかにした。

大統領は1月29日、フィコ下院議長に左派「五つ星運動」と中道左派「民主党」を中心とした連立政権の維持へ調整するよう指示し、2日までに結果を報告するよう求めていた。フィコ氏は各党と協議を続けたが、コンテ前首相に反発する少数政党「イタリア・ビバ」を率いるレンツィ元首相が難色を示し、協議は失敗に終わった。

伊メディアによると、レンツィ氏はドラギ氏の首相就任を望んでいる。イタリア・ビバの関係筋は、「我々の提案の1つだ」と述べて認めた。ドラギ氏はECB総裁を2019年に退任して以降は、公の場にはほとんど姿を見せていない。

大統領が首相候補に指名すれば、ドラギ氏は各党と組閣に向けた協議を始めるとみられる。組閣に失敗すれば、大統領が議会を解散し、総選挙になる可能性もまだ残る。

イタリアの政局を巡っては、新型コロナウイルスからの復興計画を巡って、コンテ前首相とレンツィ氏が対立。イタリア・ビバは連立与党から離脱した。この結果、連立与党は上院では過半数割れとなり、政権運営が行き詰まった。コンテ前首相は1月26日、大統領に辞表を提出した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン