/

WhatsApp制裁金290億円 アイルランド、GDPR違反で

アイルランド当局は個人情報の扱いについて適切な説明を怠ったと認定した=ロイター

【ロンドン=篠崎健太】アイルランドの個人情報保護当局は2日、米フェイスブック傘下の対話アプリ「ワッツアップ(WhatsApp)」に対し、総額2億2500万ユーロ(約290億円)の制裁金を科すと発表した。個人情報の扱いについて利用者への十分な説明を怠ったとし、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)違反にあたると認定した。

欧州メディアによると、処分を受けたワッツアップのアイルランド法人は決定内容や制裁金の規模を不服として上訴を検討している。

決定書によると、ワッツアップはスマートフォンの電話帳データがどう扱われるかなど個人情報の利用形態について、EU域内のアプリ利用者や市民に透明性のある情報開示をしなかった。個人情報の適正管理を求めるGDPRに違反したと断じ、プライバシーに関する利用者向けの説明の是正も命じた。

2018年に施行されたGDPRに基づく制裁金額としては、今年7月にルクセンブルク当局が米アマゾン・ドット・コムに命じた7億4600万ユーロに次ぐ過去2番目の大きさとなる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン