/

この記事は会員限定です

欧州中銀、債券購入の減額が焦点 9日に理事会

[有料会員限定]

【ベルリン=石川潤】欧州中央銀行(ECB)は9日、当面の金融政策方針を決める理事会を開く。ユーロ圏では景気と物価が改善しつつあり、新型コロナウイルス対応で実施している債券購入の減額が焦点に浮上してきた。ECB幹部からも欧州経済の現状に前向きな発言が相次ぐ。減額に踏み切れば、金融政策の正常化に向けた最初の一歩となる。

「我々はパンデミックから抜け出しつつある」。ECBのラガルド総裁は1日公表のインタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り920文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン