/

オミクロン型「回復者の再感染が増加」 南ア研究者

(更新)

【イスタンブール=木寺もも子】新型コロナウイルスの新たな変異型「オミクロン型」を巡り、南アフリカ国立感染症研究所の研究者は2日、これまでにコロナに感染したことがあり、回復した人が再び感染するケースが増えているとの見解を示した。症状は軽いとしている。

同日、世界保健機関(WHO)アフリカ地域事務局が開いたオンラインの会合で、同研究所のアン・フォン・ゴットバーグ教授が「過去の感染歴はデルタ型への予防になったが、オミクロン型についてはそうではなさそうだ」と述べた。一方、再感染者やワクチンを受けた人は「症状が軽いようだ」という。

ゴットバーグ氏は「ウイルスの性質から、感染力はデルタ型と同等か、わずかに弱いくらいではないか」とも述べた。その上で、ワクチンや過去の感染による免疫をすり抜けるために、感染者が増えている可能性を指摘した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン