/

この記事は会員限定です

英金融、取引シェア急落 EU離脱でマネー移動

[有料会員限定]

【ロンドン=篠崎健太】英国が金融取引のシェア低下に直面している。欧州連合(EU)離脱で事業の前提となる規制が変わりEU投資家が離れた。英・EUは規制面での協力の覚書を3月末までに結ぼうと交渉するが、英国回帰の可能性は低い。金融街シティーの地位低下は英経済の先行きだけでなく、世界のマネーの流れにも影響しそうだ。

離脱の移行期間が2020年末で終わり、英・EUの経済関係は年明けから大きく変わった。モノ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1876文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン