/

この記事は会員限定です

「Apple Payで独禁法違反」疑い EUが告知書

(更新) [有料会員限定]

【フランクフルト=林英樹】欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会は2日、米アップルがモバイル決済サービス「Apple Pay(アップルペイ)」について競合他社の参入を制限していると指摘した。「優越的な地位の乱用」に当たり、EU競争法(独占禁止法)違反の疑いがあるとした。

暫定的な見解をまとめた「異議告知書」を送付した。アップルなどから証拠資料を収集した後に、制裁金などの最終決定を下す見通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り462文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン